• ホーム
  • 化粧やエクステなどでまつ毛に負担がかかると減ってしまう原因になる

化粧やエクステなどでまつ毛に負担がかかると減ってしまう原因になる

まつげがきれいな女性

まつ毛に負担がかかると本数が少なくなり、目元の印象も薄くなりがちですが、この原因は日常生活の中にあります。毛が抜けることについて悩んでいる人は多いですが、髪の毛と同じで毛周期によって抜けることは仕方がないです。髪の毛と比べるとサイクルは短めで、1日に5本くらいは抜けているのでそれは許容範囲になっています。それ以上抜ける場合は他に原因があるため、生活習慣を見直すことで健康的なまつ毛が増えていきます。まつ毛が抜ける一番の原因は間違ったビューラーの使い方で、人によっては毎日のメイクに欠かせないという人もいます。

綺麗にカールをつけたいからといって、強く力を入れてまつ毛を挟み、引っ張りながらカールさせる光景もあります。またビューラーのゴムが劣化しており、毛が切れてしまうケースも多々見られます。ホットビューラーはゴムで挟むことはないですが、熱によってまつ毛の潤いが失われて、切れたり抜ける可能性があります。まつ毛エクステやパーマも欠かせないという人は多いですが、マスカラだけでは物足りなくなり色々なまつ毛アイテムを試します。人口の毛を接着剤で直接つけるのですが、接着剤が自毛につくことで一緒に抜けてしまうことがあります。

パーマもパーマ液や熱が原因になり、毛にダメージが加わることで負担がかかり、抜けたり切れることも増えます。マスカラやアイライナーなどはアイメイクには欠かせないアイテムですが、目の周りにつけるコスメは密着度が高いです。落ちにくい設計になっているので、ファンデーションと同じような要領で落とすことは難しいです。そのため指でこすったり、まつ毛を引っ張りながらマスカラを取ることで一緒に毛が抜けてしまいます。アレルギーを持っている人は目の周りが痒くなりがちで、ついかいてしまうケースもあります。

強くこすれば摩擦が起きるので、さらにまつ毛が抜けやすくなり、それを繰り返すうちに毛の本数も少なくなります。またストレスが溜まっているケースもあり、頭髪と同じように脱毛症で毛が抜け落ちることもあります。できるだけストレスを溜めない生活を送り、万が一ストレスを感じてもそれをうまく発散できるようにします。ジャンクフードの食べ過ぎで栄養不足や偏りがちになっている時に毛が抜けやすく、脂っこい食事や野菜不足も原因になっています。髪の毛と同じく栄養バランスの整った食事を心がけるだけで、健康的で抜けにくい髪の毛を作ることができます。