• ホーム
  • ルミガンの効果を最大限に得たいならアプリケーターの正しい使い方を知ろう

ルミガンの効果を最大限に得たいならアプリケーターの正しい使い方を知ろう

笑顔の女性

ルミガンをまつ毛の根元につける時は、専用のアプリケーターを使うことが推奨されています。使い方は、まずつける前に洗顔クレンジングを丁寧に行い、メイクをきれいに落として水分を拭き取ります。またコンタクトレンズをつけている場合は、視力矯正目的やおしゃれ目的に関わらず全て外します。メイクが綺麗に落ちていなければ、専用アプリケーターを使ってつけたとしても効果が半減してしまいます。特にウォータープルーフなどのアイライナーやマスカラは、まつ毛の根元に付着しやすいので綺麗に落とします。

ルミガンを専用アプリケーターに1滴落とし、上まつ毛の根元にアイライナーを引く要領でつけます。使用量は片目1滴ですが、それ以上つけてしまうと液だれを起こすので、色素沈着や産毛が生えるなどの副作用を招きます。まぶたを少し反対の指で持ち上げると、まつ毛の根元が見えやすくなるため上手に塗ることができます。ルミガンを塗るのは毛包がまだ残っているまつ毛の生え際で、成長サイクルに作用して毛を伸ばすことができます。まつ毛全体に塗ってしまうと、薬剤が色々なところに付着するので、目の中に入ったり色素沈着を起こします。

色素沈着をすることに不安を感じている人は、薬剤がついても弾いてくれるワセリンを目の周りにつけておくと安心です。専用アプリケーターは一つ一つ包装されており、殺菌処理がされているので衛生的ですが、使い捨てなので1つを何度も使わないようにします。先端が細くなっているのでまつ毛の根元につけやすく、液だれもしにくいのが大きなメリットです。しかし専用アプリケーターは通販で購入する必要があるので、在庫が切れてしまいつける方法がないというケースもあります。こういった時は他のもので代用することができますが、それらも衛生面を保つために何度も同じものを使わないようにします。

ゴム製の歯間ブラシはルミガンの薬剤が染み込むことなく、先端も細くなっているので綺麗にまつ毛の根元につけられます。しかし薬剤を多くつけてしまうと、垂れてしまい周りの皮膚についてしまうことがデメリットです。ネイルブラシはネイルアート専用のものですが、それをアプリケーターの代用品として使うことも可能です。薬剤も染み込みすぎず適度に含ませることができますが、それだけ何度もつける必要があります。ネイルブラシは使い捨ては難しいため、毎回綺麗に洗って消毒をしたりして衛生面に気をつけます。