• ホーム
  • まつげ育毛剤を購入するのなら本当に伸びるのか成分をチェックしよう

まつげ育毛剤を購入するのなら本当に伸びるのか成分をチェックしよう

微笑む女性

まつげ育毛剤を購入する時は様々な商品があるので、本当にまつ毛が伸びるものを選ぶ必要があります。まつ毛を効率よく育てるための成分は、ビマトプロストやキャピキシル、リデンシルや、イソプロピルクロプトステネートです。ビマトプロストは医薬品のまつげ育毛剤に配合される成分ですが、緑内障の治療薬の成分として使われていました。ここで使っていた人のまつ毛が伸びる報告があったため、今ではまつげ育毛剤としても使われています。まつ毛が少なくクリニックでまつ毛貧毛症と診断された時は、処方される薬がビマトプロスト配合の育毛剤です。

つけ始めて2週間くらいから効果を実感できますし、魅力のある成分ですが、医薬品のため副作用が出るリスクもあります。その中で有名な副作用として目の充血や目のかゆみなどがありますので、できるだけ目の中に入らないように使います。キャピキシルは育毛成分の一種ですが、太くコシのあるまつ毛を生やすサポートをする成分として知られます。毛母細胞の活性化を期待するために、グロースファクターに働きかけるため、細胞が活性化しまつ毛に対して育毛効果があります。加齢とともに低下していく細胞の働きは、老化によるダメージもあるため、キャピキシル配合のケアが推奨されます。

キャピキシルは天然植物から抽出されているので、医薬品のように強力な副作用や使用制限などもないところが安心です。まつ毛だけではなく髪の毛の育毛でも使われているキャピシルですが、配合限界量まで配合されている製品もあります。まつ毛の抜けを防止するために、現在生えているまつ毛を大切にすることで、乾燥を防ぎながらまつ毛を守ってくれるものがあります。ヒアルロン酸やイチョウ葉エキス、加水分解エラスチンやパンテノール、フコダインやアルガンオイルなどです。ヒアルロン酸は皮膚を保護する保湿効果でも知られていますが、目元の乾燥を防ぐためにもよく使われています。

たった1グラムのヒアルロン酸でも6リットルもの水分を保持しますし、血行を促進する効果も期待することができます。目元の乾燥を防ぎながら血行を促進することで、まつ毛が抜けにくくなり強くなっていきます。ヒアルロン酸には育毛効果がないですが、育毛したい時に使うことでさらに細胞へ届けやすくしています。イチョウ葉エキスは特にアンチエイジングでも知られていますが、まつ毛にも深く関わりがあります。目元の細胞老化を防ぐので、年齢を重ねていてもまつ毛をケアすることができます。